2009年05月07日

なみぞうの説教。

今日は友達から送られてきたメールを引用しました。
ぼくの良く知る上司と部下の話を綴った内容のメール。
内容にでてくる二人のことをぼくは良く知っているんで、爆笑したけど、しらないと訳が分からないかも。




いつものように威張って助手席に座るなみぞう。
いらつくことに、奴はおれの愛車であるsmxの車内に食い終わったごみきれをポンポン捨てる。
そしてよく喋るもんだから食べかすをよく飛ばす。おれがちょっといま口から飛んだっすよと注意すると笑って、すまんである。

おれが同じようになみぞうの車の車内で食べかすを飛ばしながら喋ったら罵声の千本ノックである。
バカやねんか!ほら、あっちもとんじょん、こっちもとんじょん、全部拾えよ!汚ねえ!
全部拾うまで罵声は止まらない。

目的地までの運転中、なみぞうはいう。
「あそこの弁当屋、日替わり弁当が380円で安いって、みんな、あそこで買いよんわ」
指差す方をみると、全国チェーン店のほっかほっか弁当、改め、ほっともっと弁当屋である。
チェーン店だから値段は均一。だからどこで買ってもおなじである。
「おれも昼飯はあそこののり弁290円、よく食べてますよ」
おれがそういうとなみぞうは面白がってる顔をする。
「節約もいいけど、たまにはいいもん食いいけ。この前、おれが副収入やったやろうが」
またその話である。よほど、おれに小遣い的な金をあげたのが嬉しいのか、金の話になると、なみぞうはいつもその話を持ち出す。

あれは今日と同じようになみぞうを助手席に乗せて目的地までの移動中のことである。その日、おれはほかに用事があったんだが、しつこい誘いと今日を逃したらこんなチャンスはないという強引な説得により、嫌々連れだされた。
いつものようによくしゃべるなみぞうの喋りが止まり、急に引き返せと声を荒げた。
何のことかわからず、どしたんですか?と問いてもなみぞうはいいから引き返せというばかりである。
しかたなく引き返すとなみぞうは慌てて助手席から飛び降りた。
おれはめんどくさくて車から降りなかった。
しばらくするとなみぞうがニコニコ顔でもどってくる。
またどうしたんですか?ときくと財布を拾ったという。
なみぞうは黒革の折りたたみ財布を討ち取った鬼の首のようにかかげる。
中身を確認すると12000円の現金といくつかのポイントカードがはいっていた。クレジットカードの類いはなく、免許証もなかった。
なみぞうの性格上、財布を拾ったら交番へなんてことは絶対ありえない。
拾った財布をあたかも自分の財布のように扱う。
目的地までの走路、なみぞうは拾った財布のことばかり喋っていた。そのときに、おまえにも小遣いじゃとくれた2000円を、なみぞうは恩ぎせがましくいってくる。
二ヶ月も前の話である。

「いいもん食いいけっても金無いですよ」
おれがそういうと面白がっていたなみぞうの顔が一変する。あからさまに不機嫌な顔をする。
「おれのまえで、金が無いとかいうな。しっかり給料やりよんやろうが。なにかいい話があるとまず真っ先におまえに話をするし、儲けたら儲けた分だけしっかりおまえにやりよんやろうが。儲けが少なかったらおれは取り分なしで、おまえにやったことだってあるし」
目的地まで同じような説教は続いた。
posted by しずお at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。