2009年04月07日

アフリィエイトでの成功。

情報商材の販売数がうなり登りだという。

そのおかげで月に何百万と稼ぐアフリィエイターが誕生している。

仕組みはこうだ。

自分の持っているブログやホームページに各社が提供する広告を載せる。
閲覧にきた訪問者がその広告をクリックして商品を購入する。売上の一部が支払われる。
それだけではない。広告をクリックしてもらうだけでも報酬が得られるパターンもあるのだ。
簡単に説明するとこんな感じだ。


よく見るキャッチコピーは次の通り。
誰でも簡単に始められるし、資金は0からスタートできる。

自分の持ってるサイトから広告を経由して商品を買ってもらうだけ。

一日短時間の作業で月○○万稼ぐ。

パソコン素人でも問題ない。

などなど。

そしてアフリィエイター達のどのホームページをみても「簡単」「楽」「誰でもできる」の単語がある。
ここではキーワードと言った方がいいだろう。

どの世界でも勘とセンスは必要である。

アフリィエイトをするにしても勘とセンスは必要であるし、需要と供給があるから商売が成り立つのである。

アフリィエイトを始めるにあたって、やることはYahoo!やGoogleといった検索エンジンサイトで自分が選んだキーワードを上位にもってくること。

主にキーワード選びと集客のシステムを確立させることがアフリィエイトでの成功につながる。

もっと詳しくしりたければ検索窓にアフリィエイトと打ち込んでみるといい。
何十万というページが現れるから。

自分のページを上位にする方法なんかものっているはずだ。

でもひとつだけ言っておきたい。

肉体労働者が、夏場は汗をダラダラかきながら、冬場は凍えそうな気温のなか何十キロとある重さの鉄骨を朝から晩まで運んで得られる収入がだいたい一万だ。

アフリィエイトは月に何十万、何百万と稼ぐシステムを構築するのだ。

アフリィエイトの事について無知なら、アフリィエイトで成功している人の本を読んだら案外簡単に思えるだろう。

アフリィエイトを知れば知るほど、難しさがわかってきて、道を知っているのと歩くのは違うことに気付く。

確かにアフリィエイトをやっているうちはリスクはない。だが、諦めてやめてしまえばそれまで使った時間が無駄になり、その時間はリスクととっともおかしくはないだろう。人間は一生生きていられないのだから。

それでも僕は、アフリィエイトはやってみる価値は十分にあると思う。

同じ後悔なら、アフリィエイトをやらなくて後悔するより、アフリィエイトをやってみて後悔するほうがよっぽどカッコいいものだ。
posted by しずお at 01:28| Comment(0) | アフリィエイト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。